欧米の女性にとって「乳がん」は非常にポピュラーな病気とされてきましたが、日本の女性も今や年々患者数が増えているそうです。

食の欧米化や妊娠・出産の経験ないまま過ごす女性が昔よりも多くなったからでしょうか。

1 日あたりビールを 1 本以上飲む女性は、乳がんのリスクが 3 割増加するともいわれています。

がんはとにかく早期発見が第一です。

30代を過ぎたら自分でも行える触診をお風呂上がりなどに定期的に調べるなど、習慣にするといいかもしれませんね。

病院での検査にあるマンモグラフィは、乳房をはさんで押しつぶすような感じで撮影するため、人によっては少々痛みを感じるかもしれません。

検査はマンモグラフィの他に、エコーのみの検査もあるようです。エコーではしこりを発見することができ、こちらは痛みなどはない検査です。

 

11月 11th, 2011 Posted in 未分類 | Comments Closed

姪っ子が横浜のオルソケラトロジーで視力回復しています。可愛い女の子なのだけど小さい頃から眼が悪くなってしまって「メガネちゃん」なんて周りも呼ぶものだから、本人も自覚が出てきて気にするようになってしまっていました。とはいえ子供に手術やコンタクトはちょっと不安ですよね。そんな時にオルソケラトロジーを眼科で勧められて試していたそうなんです。寝ている間だけのコンタクトレンズで治す方法だそう。今ではメガネなしで通学していて本人も喜んでいる様子。よかったね〜!これ、大人でも治療できるそうですよ。

10月 19th, 2012 Posted in 健康, 未分類 | Comments Closed

がんの問題とは別に、男性不妊症の問題もおおきな問題です。不妊の多くはこれまでに女性の問題への視点が多かったのではないでしょうか。しかし、その問題は男性不妊に問題があることも多いのです。多くの人が自覚症状のないこともこの問題となっているのではないでしょうか。
男性の不妊治療は女性よりも抵抗感もあると思いますが、ぜひ男性不妊の治療に対する認知を広めてほしいと思います。特に最近の若い男性では精子の運動率の低下や、健全な精子数の減少が発見されているそうです。
リンク先のサービスなど簡単に検査ができるサービスもありますので、自覚症状がなくても簡単に検査ができるのでお勧めします。
これらの男の不妊治療の情報量も少ないと思います。

2月 24th, 2012 Posted in 未分類 | Comments Closed

白内障の手術なんて聞くと、入院が必要かしら?と思うけど、眼科に受診してそのまま治療されて日帰りで終わらせる方がほとんどのようですね。
手術後の数日間は目がしょぼしょぼするみたいですが、はっきりクリアに見えて世界が明るくなった!なんて耳にします。
目が悪くなると歳をとったように感じて気落ちしますが、でもこれも簡単に手術で治せる時代だっていうことを考えれば有り難いことですよね。

11月 15th, 2011 Posted in 未分類 | Comments Closed